About Us会社概要・沿革

Our Mission 経営理念

“もの”の本質を深く追求し、
広く女性美の創造に貢献する

Our Vision ビジョン

グローバルな感性でユニークな製品を世界の女性に
ヨーロッパの高級ランジェリーブランドとのコラボレーションによる製造経験から、世界にも十分通用する感度の高い製品をご提供できるまでに至りました。これからも、グローバルな視点に立った製品開発を積極的に進めてまいります。

Our Principles 基本方針

  • Our Principle
    お客様の美と
    安心のためにCommitment to quality for our customer’s beauty and reliability
    商品開発力・独自のパターン設計、優れた縫製技術の総合力で、安心で高品質なものづくりを追求し、お客様の美の創造と維持に貢献します。
  • お客様の信頼できる
    パートーナーとしてAs your reliable partner
    常にお客様の視点に立って、価値あるものづくりを共に進める信頼できるパートナーとして努力し続けます。
  • お客様の満足のためにFor our customer’s comfort
    お客様の心地よいと感じる“満足と笑顔”のために、機能とデザインの美しさの融合を目指したものづくりにこだわり続けます。
  • 従業員の満足のためにEnergize workplace and raise morale of employees
    カドリールニシダのものづくりを支える従業員ひとりひとりが自己実現できる、活気ある職場づくりを目指します。

Top Message メッセージ

会長 西田 清美2011年11月 秋の叙勲にて婦人下着産業の
貢献に対して藍綬褒章を受勲

京都でブラジャーを中心とした専業メーカーとしてスタートしてから創業50余年、多くのお客様のご支援のおかげで、今ではボディウェア全般にわたる製品を、海外のお客様にもお届けできるようになりました。

創業以来、『女性美を造形していくための機能的なデザイン。それをカタチにしていくための確かな技術。そうして生まれた製品を、真に価値あるものにするマーケティング。』の3つを弊社の基本ポリシーとして掲げ、社員と共に最高のモノづくりを目指して今日まで歩んでまいりました。

ヨーロッパでは「下着は目をつぶって選べ」と言われます。これは見た目の美しさだけでなく、着け心地や機能性を大切にしている証拠です。では、ボディウェアに求められる本当の機能とはなんでしょうか。それは、「からだを理想のプロポーションにデザインしていくこと」です。ボディウェアは、体を無理に締め付けるのではなく、体にとって無理がなく、しかも体の内側から整えていくものであるべきです。この考えこそ弊社の原点となっており、今もすべての商品に基本コンセプトとして受け継がれています。

今後も、美しく、機能的で、着け心地の良いボディウェアをお客様に提供し、お客様の美と健康の維持に、そしてそこから生まれる喜びや安らぎ、自信や勇気で、毎日の前向きなエネルギーにつなげていただけるように、一枚一枚心を込めて丁寧なものづくりを続けてまいります。

社長 西田 寿夫

ウィルスとの闘いが中長期化しつつある今、様々な変化が一度に押し寄せてきていると感じます。これまでとは違い、外へ出ていくことより、在宅での勤務やデジタルな手段を使っての購買行動やコミュニケーションこそが社会的な行動と捉えられるような時代となり、私達の価値観にも大きな変化が生じてきています。このような不安で戸惑いの多い時代に直面し、お客様と従業員の双方に当社としていかに事業を継続し、貢献していくべきなのか、改めて考え直す機会を得ました。

社長就任以来、「モノづくりは人づくり」そして「モノづくりの前に人づくり」というのが私の事業運営の基礎となる思いです。創業者の父が貫いてきたものづくりへのこだわりの精神を、従業員同士が実際のものづくりを通じてお互いに高め合いながら受け継いでいくことができ、また、従業員ひとりひとりが、失敗を恐れず、時代に合ったやり方で、新しいイノベーションを生み出そうとする前向きな視点が持てるような環境づくりをしていくことこそが、従業員と共に社会に貢献しながら成長していくために必須であり、この難しい時代を乗り切る会社としての体力をより強めていくことにつながると考えます。

また、事業を通して社会にも貢献できるサステナブル経営の視点で、新しい製品開発や環境に配慮したモノづくりにもより一層力を入れていくことも今後の大きな目標です。

これからも、従業員と共に、大きく変わる時代の変化にもしなやかに寄り添い、取引先企業の皆様、そしてその先の消費者の皆様にも、当社のモノづくりを通じて、安心と安全、そして、不安な中にも自分を大切にしていただくための、身体に優しく美しい製品を継続してお届けできるよう、一層気を引き締めて取り組んでまいります。

会社概要

会社名
株式会社カドリールニシダ
所在地

【カドリールニシダ本社】
〒600-8102 京都市下京区五条通河原町西入本覚寺前町830番地
京都エクセルヒューマンビル2F
TEL 075-351-1181(代) FAX 075-341-5690

【パターン研究所】
〒600-8102 京都市下京区五条通河原町西入本覚寺前町830番地
京都エクセルヒューマンビル4F
TEL 075-344-0221(代) FAX 075-343-0843

【結城物流センター】
〒307-0001 茨城県結城市大字結城1820-7
TEL 0296-33-6612(代) FAX 0296-33-6617

業種
ファウンデーション&ランジェリーのオリジナル企画開発による製造卸売業
取扱品目
ブラジャー、ボディースーツ、ガードル、ランジェリー、インナーウェア、ナイティ、水着
資本金
9000万円
設立
1969年1月
役員
  • 代表取締役会長西田 清美
  • 代表取締役社長西田 寿夫
  • 取締役副社長井上 誠治
  • 取締役佐藤 弘
  • 取締役西田 尚義
  • 取締役井上 薫
従業員
88名(2021年3月現在)
主要取引先
  • ・株式会社シャルレ
  • ・株式会社エトワール海渡
  • ・株式会社犬印本舗
  • ・オルビス株式会社
  • ・株式会社アダストリア
  • ・株式会社フェリシモ
  • ・株式会社QVCジャパン
  • ・LA PERLA MANUFACTURINNG SRL(イタリア)
  • ・GLAMORISE FOUNDATIONS,INC.(USA)
  • ・株式会社カドリールインターナショナル
主要仕入先
  • ・旭化成アドバンス株式会社
  • ・伊藤忠商事株式会社
  • ・株式会社ユタックス
  • ・東レ株式会社
  • ・株式会社タケダレース
  • ・栄レース株式会社
  • ・株式会社クロダレース
  • ・Freetex Elastic Fabric Factory Co.,Ltd.
  • ・WORLD KNITTING TEXTILES CO.,LTD
  • ・GAMMA GROUP
取引銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 京都銀行

沿革

1968年1月
  • 西田清美が京都市伏見区桃山養斎町にて、女性下着の製造卸売業を創業
1969年1月
  • 株式会社カドリールニシダを資本金200万円にて設立
1973年10月
  • 京都市下京区富小路五条上ル本明神町へ本社移転
1989年2月
  • デザイン研究所を京都市中京区新町通三条町に開設
1992年11月
  • 中国に青島嘉都麗時装貿易有限公司を設立
1996年10月
  • ベトナムにカドリールヴェトナム株式会社を設立
1997年2月
  • 本社事務所を現在の京都エクセルヒューマンビルへ移転
1997年4月
  • 「Pierre Cardin」ライセンス契約
  • 中国国内販売開始(満了につき終了)
1998年10月
  • セモアビーアンドエム株式会社設立
1999年4月
  • デザイン研究所を現在の京都エクセルヒューマンビルへ移転
2002年8月
  • 株式会社キッドブルーを傘下に置く
2003年12月
  • 自社ブランド「ツインクロス」をTVショッピングで販売開始
2005年2月
  • 「Chloè」ライセンス契約 日本国内販売開始(満了につき終了)
2005年7月
  • 西田清美が代表取締役会長へ、西田寿夫が代表取締役社長へ就任
2006年9月
  • 株式会社キッドブルーが株式会社カドリールインターナショナルに社名変更、キッドブルー事業部をスタート
2008年4月
  • セモアビーアンドエム株式会社が株式会社セモア設立
2009年10月
  • デザイン研究所よりパターン研究所に名称変更
2011年4月
  • 株式会社ランジェリーク設立
  • 株式会社カドリールインターナショナルとセモアビーアンドエム株式会社が合併、セモアブライダル事業部をスタート
2011年5月
  • 中国に上海嘉娜麗時装貿易有限公司設立
2011年11月
  • 西田清美会長が秋の叙勲にて藍綬褒章を受章
2016年10月
  • 西田清美会長が自叙伝『ブラジャーで勲章をもらった男』出版
2017年3月
  • 株式会社カドリールインターナショナルと株式会社ランジェリークが合併、ランジェリーク事業部をスタート
About Us